高齢出産を乗り切ろう

私が初めて妊娠したのは37歳の時でした。

35歳をこえた年齢の出産は大変だという話は聞いたことがありましたが、実際妊娠、出産をしてみると本当に大変でした。

妊娠出産自体、悪阻や流早産の危険などのトラブルに見舞われることもあるようにとても大変なことですが、高齢になってからの出産は、よりトラブルに見舞われやすいそうです。

私もそんなトラブルに見舞われた一人です。

特に大変だったのは、前置胎盤です。

前置胎盤とは、通常子宮の上の方に着床するはずの受精卵が子宮の入り口付近で受精してしまったことで、胎盤が子宮の入り口に重なってしまった状態のことです。

はっきりとした原因はまだわかっていませんが、高齢での妊娠出産の場合、前置胎盤の割合が上がるようです。

前置胎盤の場合、お腹が張りやすかったり出血しやすかったりする為、早産のリスクが高まります。

出血の量が多いと、早産であってもそのまま出産となってしまう可能性もあります。

さらに、正産期である37週を迎えられたとしても、胎盤が子宮口を塞いでしまっている場合は帝王切開での出産になります。出産の際にも出血が多いケースがあるので、大きな病院での出産になることもあるようです。

高齢出産は、ハイリスク出産として医師も注意深く診察をしてくれます。

私も24週の健診のときに前置胎盤が発覚し、そのまま胎盤の位置が変わることがなかったので、後期に入ってから個人病院から大きな病院に転院しました。

お腹が大きくなるとお腹の張りや出血のリスクも高くなるので、8ヶ月頃から管理入院をしました。

私は胎盤が子宮口を完全に塞いでしまっている全前置胎盤だったので、自己血の準備をして出産の際に輸血ができるように備えました。

お腹が張らないように、出血しないように寝たきりで点滴をする生活が2ヶ月ほど続きました。

とても辛い日々でしたが、無事に赤ちゃんを産むことだけを考えて過ごしました。

結果的には出血もなく過ごすことができ、37週をこえた時に帝王切開にて出産しました。赤ちゃんは2800g程で元気に産まれてくれましたが、私自身の出血量が多く、自己血輸血をしても産後は貧血状態が続きました。

産後数日はフラフラでしたが、我が子を初めて抱いたときにはとても幸せで涙が出ました。

不安と期待

そもそも結婚するのが遅かったので子どもは無理かもしれないと思っていました。

36歳で結婚したのですが、出来たら子どもは欲しいと思っていたので38歳で授かった時は本当にうれしかったです。

病院でおめでたとわかってすぐに母子手帳をもらいに行きました。

今考えると、高齢出産で流産のリスクも高く、よくあんなに早く手帳をもらいに行ったものだと思います。

噂で、高齢出産の人は手帳に「〇高」のハンコが押されると聞いていたのですが、実際にそんなハンコが押されることはありませんでした。

でも、自分が高齢出産であるということは十分認識していましたので、とにかく運動不足にならないよう気をつけていました。

運動不足は難産のもと、と思っていましたので。

幸い私は健康でしたし、親から丈夫な体をもらっていました。仕事も臨月まで続けており、なるべく体を動かすようにしていました。

また、最初の1か月で体重がかなり増えてしまい、助産師さんから一日に食べたものをすべて書き出すように、と言われて体重の急激な増加を止めるようにしました。こんなダイエット法がありましたよね。おかげで後ろから見たら妊婦と思えないと言われる程度で出産を迎えました。

退職してからは少しの間でしたがマタニティースイミングにも通いました。

とにかく元気な赤ちゃんと対面するために、出来ることは何でもやろうと思っていました。

また、精神的な安定も心がけていました。赤ちゃんが生まれてくることを想像して赤ちゃんグッズをそろえながら幸せな気持ちになることも一つの方法でした。

結局、私は約1日半の長い陣痛を経験し、このお産は難産だったかもしれないのですが、努力していなかったら2日の陣痛だったかもしれない、と前向きに考えることにしています。

二人目以降は頑張り過ぎないで!

37歳で長男を出産し、長男が1歳になってすぐ次男を妊娠しました。年齢的にも二人目は厳しいかもしれないと思っていただけに、妊娠発覚時はとてもうれしかったです。ただ、長男が1歳になると同時に職場復帰していたので、久しぶりの仕事、家事、育児との両立に大忙しの毎日でした。

幸いつわりがひどくなかったので、長男の時に比べると妊娠初期から活動的に動いていた方だと思います。ただ、まだ長男もよちよち歩きで、抱っこして移動したり、お風呂に入れたりと、お腹が大きくなると結構張りが強くなることもありました。

仕事ではリハビリの療法士という職業柄、病棟の移動や患者さんのリハビリなど、割と体を動かす仕事内容で、一日おわればぐったりすることも多かったです。8か月目の検診では、逆子になっていることが分かりましたが、それ以外は何の問題もないと言われて安心していました。

ところが、翌日、急に陣痛が始まり、病院に急いで駆け込むと、もう膣内に足が出かかっており、出産するしかないと言われました。それまで順調と思っていただけにかなりショックで、子どもは助かるだろうかと泣きながら救急車で総合病院に運ばれていきました。

その後搬送先の病院で緊急帝王切開で二男を出産しました。2ヵ月早い早産で、次男は呼吸器の問題もあり8カ月も入院が必要になりました。今にして思えば、長男の妊娠時に比べて、体力的にかなり無理をしていたと思います。また、長男が超がつくくらい安産だったので、油断していたという面もあると思います。

出産は何が起こるかわかりません。とくに2人目は無理をしがちで私の周囲にも早産や切迫流産がおおいです。くれぐれも無理をしないことが大切だと思います。

39歳で出産しました。

一人目は32歳で出産しました。

結婚後半年で妊娠したので、2人目もその気になればすぐ妊娠すると思っていたので、焦っていませんでした。

上の子の手が離れ、そろそろ・・・と思い始めてもなかなか妊娠することができませんでした。

妊娠を希望して2年くらいでやっと赤ちゃんがお腹にきてくれたのですが、上の子の時と違って悪阻が軽かったので、今回は元気な妊婦さんでいられると思っていました。

妊娠6カ月の時にお腹の右側と下腹が同時に萎むようにグーっと痛くなり、病院に行くと切迫早産と診断されました。

張り止めの薬を飲み、一週間自宅安静をしました(上の子は自宅送迎の幼稚園児だったのですが、母に来てもらいお願いしました)。

1週間後の診察で子宮けい管が短いことと、お腹が下がってきている事、自宅安静をしても状態がよくなってない事から入院になってしまいました。

入院中は24時間張り止めの薬を点滴をしました。

3日置きの点滴の針の差し替えのタイミングでシャワーが許可されていましたが、その針を抜いた数十分だけでさえお腹に張りが来ました。

トイレ以外はベット上安静、食事以外は座る事も許されず、ひたすら横になっていました。

結局臨月に入るまで2カ月以上入院しました。

退院後正期産に入るまで自宅安静し、安静後2日で出産になったため体力が回復していなかったため、今回は無痛分娩にしました。

完全な無痛ではなかったのですが、出産時の体力の消耗が少なかったので、産後が楽でした。

上の子の時は6カ月に入ってから産院のマタニティエアロビクスに週2回通うほど、アクティブな妊婦でした。

その子の妊娠から7年経ち、今回自分の体が年をとってきているのを痛感しました。

姪っ子の婚活を通して、婚活サイトを見る目が変わりました

結婚してちょうど15年。45才になる会社員女性です。私の結婚は15年前、ちょうど30歳になる年でした。夢あって長く東京に暮らしましたが結果上手くいかず、地元に住む遠距離恋愛だった今の旦那と結婚。しかしやはり地元に戻ると、刺激的だったそれまでの生活との差に苦しみました。

東京暮らしだった当時、仕事や趣味の中でたくさんの出会いはあったもののなかなか恋愛には発展せず。既に今の旦那とは付き合っていた為、当たり前といえば当たり前なのですが、ふと「東京で結婚相手を見つけていれば…」と思うこともあります。

そんな中、姪っ子がやんと20代前半にして、婚活サイトを通しお付き合いを始めたと聞きました。そんな若さで婚活?と驚きもしましたが、自分を鑑みると「もしかすると懸命な判断なのかも」とも思います。それまで婚活サイトなるものには不信感しか抱いていませんでしたが、姪っ子の彼は年収も見た目も雰囲気も決して悪くない様子。

私は決して今の生活に不満はありませんが、私の若い頃にもこんなシステムがあれば、もしかしたらもっと楽しい人生が?とか、失恋 立ち直れない時に使えてたかも…などと、時々考えたりもします。

敏感肌って大変

私の身近な人でも敏感肌の人ってたくさんいますね。この化粧品じゃないとダメっていう人います。他の化粧品では、お肌が赤くなったり荒れてきてしまったりするそうです。化粧品の中の成分のどれかにアレルギーを起こしてしまうんですかね。逆に私は何でもOKなんです。過去にいろいろ試してきました。一時、同じ化粧品に固執して使っていたことがあったのですが、お肌に良いからというより、カウンターのスタッフさんが好きだったからなんですよね。
でも、もっと冒険してみればよかったと思う。世の中には本当に良い化粧品がたくさんある。もしかするとその中に私のお肌にぴったりな化粧品もあるかもしれないからね。その化粧品を探そうといろいろ試してますよ。大手化粧品メーカーさんからマイナーな化粧品メーカーさんまで。でも、敏感肌の人ってそういう楽しみがないんだよね。でも自分のお肌にあった化粧品で一途に使い続けられるものがあるって、ある意味幸せかもね。いつまでもお肌にあった化粧品が見つからない方が大変かも。

お肌を磨いていこう

何度も何度もお肌の曲がり角に当たってしまった私。何とかしないといけないと思ってもそのまま放置してしまった。それがいけなかった。夏は日焼けで大変だし、冬は乾燥でカサカサです。シミも増えたし、しわも増えたような気がします。毎日鏡を見るのが苦痛です。かといってメイクしないともっと悲惨。どうすればいいのか途方に暮れている状態。この化粧水がいいよと言われれば試してみて、この石鹸はしっとりすると言われれば使てみたりといろいろしていますが・・・・あまり効果なし。友達がくれた手作りの化粧水が意外といいかも。
でも毎回頂戴というわけにもいかず・・・もうない状態。作り方聞けばよかったわ。って今から聞けばいいか。あはは。顔のしみ抜きとかもしてみたいな。あとは脱毛もやり残したところをしたい。昔にちょこっとだけ脱毛したんだよね。でも完全には毛がなくならなかった。今からでもまた行きたいナ。とにかく自分のためにいろいろしてあげたい。40歳になる前に「キレイ」って言われたいよ。

お肌のキレイ度に差が出てきた

20代の頃は、そんなに努力しなくても誰でもキレイなお肌ですが、30代からはそうはいきません(- -;)お手入れをちょっとでも怠ると、それはお肌にてき面に表れて鏡を見るのが怖いという時もしばしば・・・。特に、私が鏡を見て『うゎ~っ』と思うのが、寝不足の次の日の朝!!全く、お肌にハリがありません!!お化粧のノリも悪いし・・・。そんな事も気になるのですが、もう一つ気になるのが同じくらいの年齢の人でも、すごくキレイなお肌の人がいる事!!
逆に、全然お手入れしていない人もわかります(- -;)キレイな人は、メイクだけではなくてコラーゲンドリンクや美容に良いものを食べたり飲んだりと普段から美に気を使って生活しているみたいなので、私も最近は『青汁』を飲んでいます!!『青汁』も、美肌成分が豊富らしいので飲み始めたのですが、『青汁』にもコラーゲン入りの青汁など美容を意識したものも結構あります(^-^)今は普通の『青汁』を飲んでいるのですが、今度はコラーゲン入りも飲んでみたいです!!

今時のお肌の曲がり角とは?

スキンケアってたくさんあるけれど、その機能や効果は年々よくなってきているよね。だから、巷には年齢不相応な女性はたくさんいますね。昔、お肌の曲がり角なんてあったけれど、今はその曲がり角がどんどん高年齢化しているんじゃないかな?そもそも曲がり角なんてあるんだろうか。
30歳くらいになるとお肌の曲がり角だから!なんて冗談で言っていたこともあるけれど、30歳でも非の打ちどころのないお肌をしている人たくさんいるよね。メイクのやり方が上手なのかもしれないけれど、やっぱりお肌の状態がよくなければどんな高度なメイク術をマスターしたとしても厚塗りになってしまうだけだよね。
曲がり角なんて、年齢と共にあるはずなんだよね。でも、お手入れをちゃんとすればお肌の曲がり角はどんどん遠ざかっていくはず!私は思うけれど曲がり角が急カーブじゃなければ大丈夫かなって。緩やかな曲がり角、角度の大きい角なら曲がり角なんて怖くない!ってね♪

手作りファンデーションはどう?

私は、化粧水なんかは手作りしたことあるけど・・・手作りはその程度(化粧水やオイルなど)のものだけと思っていました。しかし調べてみるとファンデーションや口紅、アイシャドウなんかも作れちゃうそうです。
ちょっとびっくりだよね。ただ・・・レシピをみると、化粧水なんかよりは断然面倒である。でも作ると肌には安全そうです。だって自分で作ると何が入っているかはわかるしね。
ファンデーションは、パウダーのものであれば他のもの(口紅、アイシャドウなど)よりは簡単そう。なんか粉を混ぜ混ぜするだけみたいなんで。でも効力はどうなんでしょう?ってとこですね。そう考えると、手作り化粧品は、化粧水やオイル程度の方がよさそう。肌にも断然いいし。私は使い始めてからだいぶ肌がよくなりましたよ。
でも手作りコスメをしている私なんで、いつかは使う化粧品全て自分で作るのも楽しそうです。もっとコスメのことを勉強してよりよいコスメを作れるようになりたい。

オールインワン

最近は、オールインワンのスキンケア商品が結構ありますよね。私も面倒くさがり屋なのでつかってみたいなと思っています。でも本当に一つのものですべてが賄えるのかな?とちょっとだけ不安もあります。色々見ていると結構「返金保証」制度があるものがあるんですね。これだったら最初に買いやすいかもしれないなぁ。だってもし合わなければ返金してくれるんでしょ。うんちくうんぬんよりも、結局は自分の肌に合うか合わないか・・・が重要だと思うんだよね。そうでない人もいるかもしれないけど・・・・・。

ということで、ちょっと試してみたいナと思い始めました。気になるのは、フィトリフトというやつと、メディプラスゲルかな・・・・。楽天ランキングで一位になったエニシングホワイトも気になります。サンプルではなく、返金制度なので一度最初に購入しないといけないのです。となるとちょっと最初は安いのからにした方がいいかな?なんて考えてしまう。ここに特徴があるので、もう少しじっくり考えてどれか選びたいと思います。

冬の冷えは美容にも辛い

冬は冷えて冷えて仕方ないよね。今も指先足先冷えすぎています。パソコンを打つ手も冷たくて、思うようにキーボード押せない。末端まで冷え冷えな私。辛いです。おかげで肌も荒れているし。いいことないです。
お腹にもお肉が溜まる一方だし。冷えていくと代謝も悪くなって肉が落ちなくなって悪循環です。体を温めて代謝を上げて・・・としていくと自然に痩せていくだろう。

食べるものにも気を付けて、体を冷やさないように温かいものを飲むことにしようかな?じゃあ・・体を温める食べ物ってなんだろう?昔聞いたことがあるのは、根菜類は体を温めてくれるって聞いた。で、葉野菜は冷やすって。そう考えると煮物とかが体にいいんだね。温かいスープなんかもよさそう。味噌汁、お茶などもよいよね。良く食べるアイスや冷たい飲み物は良くなさそう。思いっきり体冷やしている。こんなブログを書きながら・・・コーラを飲んでいる私。絶対に冷えてます。ってか、急にお腹が痛くなってきた。

バラの魅力

昔からバラの香りが好きでした。友達宅に合ったバラをもらってポプリにしたり、親がもらってきた花束をドライフラワーにしたりポプリにしたりしていました。でも最近はバラをもらう事もなく・・・・そんな生活からかけ離れてしまいました。今は、精油でローズを買ったり、ローズウォーターを使用したりと言った感じでバラには接触しています。

そこで今になりバラを育ててみようかな?と考えています。調べてみるとバラは結構デリケートで栽培は難しそうです。私でも育てられるかが心配です。そこでもう少し知識を付けてからバラを買って育ててみようと思っています。それがうまくいけば・・・他の植物も育てたいな。って順番が逆かな?とりあえず育てるのが簡単なやつから育てて徐々にハードル上げた方が良いかもしれない。とにかくバラのことを先に勉強しよう!バラって種類もたくさんあるしね・・・奥が深そうだよ。バラ専用の土もあるみたいです。バラのアーチなんか作れたら最高だな。

血圧が高くなり入院をしました

私が高齢出産となったのは、3人目を出産する時でした。そのとき、どうしても3人の子供が欲しいと思ったので、高齢になると分かっていたのですが、頑張ってみようと思ったのです。

そして高齢では、気を付ける事について、ある程度わかっていたので、そのことんついて気を付けることにしました。

まず、高齢ということで、絶対無理をしないようにと思ったのです。無理をすることによって、3人目であるので、流産をする恐れがあると思ったからでした。

そのため、自宅にいる時には、できるだけ安静にするようにしていたのです。ところが、検診にいった時に、血圧が少し高くなっていることを指摘されました。安静にしていると思っていたのですが、仕事をしていた私は、自分が安静にしていると思っていても、そんなに安静になっていなかったと、後から思うと感じています。

その結果、普段の血圧が大体100ぐらいであるところ、150を上昇するようになり、頭痛も感じる様になって、ついに入院をすることになってしまったのです。

その時には、妊娠高血圧症という病名となっていました。妊娠をすることによって、血圧が上がり、そのために妊娠を継続することにリスクを生じるというものです。

その後は、絶対安静となって、食事やいろいろなことに関して、指導を受けることになりました。食事は減塩食となり、ベッド上安静となったのです。

その後、その管理のおかげで、無事出産をする事ができました。

無理をすると、高齢出産の場合は、特にいろいろなリスクがあると思っています。