高齢出産を乗り切ろう

私が初めて妊娠したのは37歳の時でした。

35歳をこえた年齢の出産は大変だという話は聞いたことがありましたが、実際妊娠、出産をしてみると本当に大変でした。

妊娠出産自体、悪阻や流早産の危険などのトラブルに見舞われることもあるようにとても大変なことですが、高齢になってからの出産は、よりトラブルに見舞われやすいそうです。

私もそんなトラブルに見舞われた一人です。

特に大変だったのは、前置胎盤です。

前置胎盤とは、通常子宮の上の方に着床するはずの受精卵が子宮の入り口付近で受精してしまったことで、胎盤が子宮の入り口に重なってしまった状態のことです。

はっきりとした原因はまだわかっていませんが、高齢での妊娠出産の場合、前置胎盤の割合が上がるようです。

前置胎盤の場合、お腹が張りやすかったり出血しやすかったりする為、早産のリスクが高まります。

出血の量が多いと、早産であってもそのまま出産となってしまう可能性もあります。

さらに、正産期である37週を迎えられたとしても、胎盤が子宮口を塞いでしまっている場合は帝王切開での出産になります。出産の際にも出血が多いケースがあるので、大きな病院での出産になることもあるようです。

高齢出産は、ハイリスク出産として医師も注意深く診察をしてくれます。

私も24週の健診のときに前置胎盤が発覚し、そのまま胎盤の位置が変わることがなかったので、後期に入ってから個人病院から大きな病院に転院しました。

お腹が大きくなるとお腹の張りや出血のリスクも高くなるので、8ヶ月頃から管理入院をしました。

私は胎盤が子宮口を完全に塞いでしまっている全前置胎盤だったので、自己血の準備をして出産の際に輸血ができるように備えました。

お腹が張らないように、出血しないように寝たきりで点滴をする生活が2ヶ月ほど続きました。

とても辛い日々でしたが、無事に赤ちゃんを産むことだけを考えて過ごしました。

結果的には出血もなく過ごすことができ、37週をこえた時に帝王切開にて出産しました。赤ちゃんは2800g程で元気に産まれてくれましたが、私自身の出血量が多く、自己血輸血をしても産後は貧血状態が続きました。

産後数日はフラフラでしたが、我が子を初めて抱いたときにはとても幸せで涙が出ました。